男性の癒しの場所「風俗店」を知ろう

>

男性向けの風俗の魅力を改めて知る

法律上の「風俗業」とは何か

「風俗業」というと、何かアダルティなイメージを抱かれる方が多いかと思いますが、法律の定義するところでは、そういった「性風俗業」だけが風俗業ではありません。
以下に示すものが、風俗業の範囲となっています。
キャバレーやカフェなどの飲食と遊興を一緒に提供する場所、ライブハウスやクラブなど、一定以下の照度で接待ではない遊興などを提供する場所、パーテーションのあるバー、マージャン店、パチンコ店、スロットマシンの置いてあるお店なども含まれ、ゲームセンターも該当します。
それ以外の、性的サービスを施す店が「性風俗特殊営業」で、これらが今回の主題です。
基本的には、どの店の場合も「射幸心」や「性的内容」「飲酒」といった、未成年に大きな影響を与える要素が含まれているため、立地や営業時間に厳しい制限が課せられています。

「性風俗業」の業種を知ろう

先に挙げた性風俗特殊営業は、主に以下のような業種が存在しています。
(建前上は本番行為は存在しませんが)本番行為が可能な「風俗の王様」ソープランド、割合安価で利用でき、さまざまな嗜好に対応できるファッションヘルスやその出張版であるデリバリーヘルス、ホテルヘルス、マッサージで疲れを取ってもらいながら性的サービスを楽しめる性感マッサージ店、性行為を主目的とした宿泊施設のラブホテル、個室ビデオ店、アダルトグッズやアダルト動画の通信販売サイトなどが「性風俗特殊営業」で定義されている業種となっています。
これらも同様に、営業時間や立地に厳しい制限が課せられており、更にソープランドの場合、新規出店が認められない場合が多く、新規参入は厳しい業界となっています。


この記事をシェアする